美容外科スタッフが辞めた話③

スタッフ
12 /07 2017
4、患者さんからのクレーム対応

やはり100%の手術なんてないし、患者さんの思っていたイメージと違う場合や、スタッフの態度が悪かった場合など、クレームはあります。
ものすごくキレる患者さんもいるし、弁護士さんだしてくる患者さんもいます。
もちろん美香は、正当な治療や料金をご案内してます。
10年も働いているので、美香へのクレームはゼロです。
けどクリニックに対してのクレームは対応しなければなりません。
弁護士出してくるときは、こちらも弁護士さんに相談します。普段の業務にプラスされるので、半端ない忙しさになります。
美香は法律についても知識がついてきました。

5、仕事は土日祝がメインです!!

美香はワーキングママですが、土日祝はほとんど休めないので、子供の行事に参加できないことがあります。
それはとっても寂しいです。
子供が小学生とかになったら、行事ももっと増えると思うので、その時は退職しようと思ってます。
結婚、出産後も長く働きたいと思っている方には不向きだと思います。
けれど産休、育休はほとんどのクリニックで取れるのではないかと思います!
子供の熱や風邪で急な休みも取れないので、周りの家族のサポートも必要となります。


6、覚えることはたくさんあります!

美容外科の治療といえば、二重埋没法、切開法、目頭切開、鼻のヒアルロン酸注射、プロテーゼ、シワへのヒアルロン酸注射、ボトックス注射、フェイスリフトや、シミのフォトフェイシャル、ダイエットの痩身治療、脂肪溶解注射、ワキガ、医療レーザー脱毛などなど、たくさんの治療があります。治療には略語が付くので、略語や治療の正確な知識も必要です。新しい治療も年に数回スタートするので、勉強が必要となります。

なんか、いや~な感じになっちゃいましたが、メリットもあるんですよ!
美容外科ならではのメリットといえば、、、また次回書いてみます( *´艸`)




スポンサーサイト

美容外科スタッフが辞めた話②

スタッフ
12 /07 2017
2、女性ばかりの環境
美容外科はご想像通り、女性スタッフばかりです。
女子高で問題が起きるのと同じで、色々あります。
誰かの陰口、あいつ何もできないよね~、使えない~、媚び売ってる~とか。
脂肪吸引とか、バストアップの豊胸治療とかってカウンセリングを担当するスタッフも、介助につく看護師も大変なんです。
大変な治療ばかりやらされたりとか。。
先生がスタッフで一人愛人作っちゃった場合もやばいですね。速攻噂になります。
美容外科にいるスタッフは気が強くないとやっていけないので、個々の性格も濃厚です。
人間関係に悩んで辞めてしまう人は多いかもしれないですね。



3、先生が陰湿

ドクターってやっぱり変わり者が多い気がします。傲慢な先生が多いと思いますが、オネエよりの先生だと、スタッフにまざって、女子高みたいなことをする先生もいます。先生に嫌がらせされたら、速攻辞めますね。
あとは、女好きな先生。そんな先生に目をつけられたら、逃げるしかありません。
どうしても、院長がルール的な感じになってしまうことがあります。
先生がいなかったら、スタッフは仕事が無くなってしまうので。。。
あとは、お気に入りのスタッフにしか治療を受けさせてくれないとか。スタッフからも二重埋没法や、ヒアルロン酸注射(涙袋・ほうれい線・鼻の高さなど)はとても人気です。


4番目はこちら→




美容外科スタッフが辞めた話

スタッフ
12 /07 2017
みなさん、こんにちは( *´艸`)
美容外科で働くアラサーOL、美香です。

先日、スタッフが辞めました。
女性カウンセラーです。
しかも、代わりに入った新人も、2名続けて辞めました。

2名続けてって、やばくないっすか。

美香は、10年目に入り、完全にお局様化してますが(笑)
同じメンバーで1年過ごした試しがありません。

あっ、美香さんが悪いんじゃ・・・と思ったあなた、
それは違います。
なぜなら、美香は結構休みます。(爆)
そして失敗が多いので、新人さんでも、だれでも、敬語で接しています。
だから、私が原因じゃないと、思い込んでいます。ずっと一緒に働いているスタッフもいるので、きっと大丈夫!

美容外科のスタッフが辞める理由

1、個人売上が出される


二重埋没法、鼻を高くする治療、脂肪吸引、豊胸治療や、ワキガ治療、医療レーザー脱毛など様々な治療を行う美容外科ですが、受付カウンセラーが治療を取ってきます。つまり、受付カウンセラーとは、営業スタッフです。
美香は、受付カウンセラーこと、営業スタッフです。
ノルマじゃないけど、毎月毎月、個人別の売り上げを出されたら、たまったもんじゃありません。
マジで追い詰められます。
美香も数年はそうでした。
ノルマはないって言われても、これはノルマと変わらんですよね。会社の思うつぼです。
けど最近は、売り上げが良くても、悪くても、給料も変わらないし、とかなり開き直ってます。
そうなんです、給料変わらないんです。売り上げが良くて、給料が上がるのは会社と医師だけです。
なんで、そんなんに追い詰められなきゃいけないのと開き直った美香は無敵です。


2番目はこちら→



ヒアルロン酸っていっても、種類があるんです②

ヒアルロン酸
12 /07 2017
3、厚生労働省認可のヒアルロン酸とは

私が知っている限りだと、アラガンジャパンっていう会社が作っているヒアルロン酸です。
大手美容外科で掲載している、「ジュビダームビスタ」っていうのがそうです!
ジュビダームビスタだけ高かったりしますが、やっぱり、認可を受けているヒアルロン酸は、原価も高いんです。
ジュビダームビスタを売りにしているクリニックは、安全性を配慮している可能性があるので、比較的安心できると思います。

働いているときに、お客様からの相談で、「以前他のクリニックでヒアルロン酸を受けけど、なんの説明もなかった、ボコボコになってしまった」と半泣きで相談されたことがあります。
ヒアルロン酸って気軽に受けれるけれど、注入する材料も重要なんです。
ヒアルロン酸は1種類だけじゃありません。

美容医療は安全性を第一に考え、患者様自身で選択して頂く事も重要となります。
大事なお顔に入れる注入剤なので、治療前にしっかり確認してくださいね。


4、ちなみに

ジュビダームビスタには、ウルトラと、ウルトラプラス、麻酔入りなどがあります。
一番自然に馴染むのは、部位によってヒアルロン酸を使い分けることです。
お顔やシワの状態に合わせて、より滑らかな仕上がりになる様注入してもらえるように、しっかりカウンセリングしてもらいましょう。

ヒアルロン酸っていっても、種類があるんです。

ヒアルロン酸
12 /07 2017
みなさん、こんにちは(*^^*)
美容外科で働くアラサーちゃん、美香です。

今回は、
今や多くの方がご存じの「ヒアルロン酸」について書きたいなと思います。
ヒアルロン酸って種類があるの知ってましたか?
やっすいのから、たっかいのまであります。

ヒアルロン酸って、ちょっと食品と似てます。
中国製、韓国製のものって安いんです。

なんで安いんか?

食品でいろいろニュースありましたよね、偽造問題とか、商品の衛生問題とか、、、

みなさん、察しがつきましたね。

「ヒアルロン酸」についてちょっと書きたいと思います。


1、そもそもヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、化粧品やスキンケアに含まれていたり、関節が痛いときに使用したり、いろいろな用途で親しまれている、天然保湿成分です。体内で生成される成分で、目や関節に多く含まれています。高い保水力があるので、肌にうるおいを保つサポートをしてくれるんです。
ヒアルロン酸の保湿力はなんと、1gで最大6リットルもの水を保つことができるといわれています。
美容外科では、ほうれい線、頬のくぼみ、お顔のシワ、眉間のシワ、ゴルゴラインなど、若返り治療に多く使用されます。


2、ヒアルロン酸の種類って?

美容外科ではお馴染みの「ヒアルロン酸注射」ですが実は種類がある事はご存知でしょうか。
様々な国で作られたヒアルロン酸が多くあります。
昔はコラーゲン注射が主流だったみたいですね。
そのうちヒアルロン酸が、開発されて、なーーーーーんと、日本の厚生労働省で承認を得たヒアルロン酸が2014年3月に登場しました。

厚生労働省認可って、まさに、何か問題が起きたら、国が責任を取りますよって事ですよね。
日本って国が責任を取りたがらないのに、認可を受けている製剤って、めっちゃ価値ありです。

人が行う行為(治療)で100%のものはないですからね。

厚生労働省認可のヒアルロン酸とは→





美容外科のカウンセリングについて④

カウンセリング
12 /07 2017
6、最後に言いたいこと

良いクリニック、良い先生を探す事って本当に大変だと思いますが、
医師により結果が変わるので、美容外科を選ぶ事はとっても重要です!!
そのために、ポイントを押さえて、無料カウンセリングを活用することはとても良い結果につながると思います( *´艸`)

整形をする、という決断もとても勇気がいることだと思いますが、
そのあとは、よいクリニックを探すことに力を入れてみてください。
ホームページはキラキラ綺麗なものしか作っていません。
実際にクリニックに行ったらギャップを感じる場合もあると思います。
あとね、モニターさんって、より仕上がりがいいものしか使ってないんです。
モニター写真が多く感じるかもしれませんが、実際モニターとして治療を受けている方は3倍以上はいます。
その中から厳選してるんです。

料金もね、個人売上とかもあるから、スタッフも必死なんです。
無駄なオプションとかを付けられないように気を付けて下さい。


美容整形ってホントに人生変わります。
良くも悪くもね。

せっかくの一度の人生なので、綺麗になって楽しい毎日を送ってほしいです( *´艸`)



美容外科のカウンセリングについて③

カウンセリング
12 /07 2017
4、先生のカウンセリング時に質問して、どう答えてくれるか(一番重要)

実際のカウンセリングに来たら、治療の説明をしてもらい、どんな些細な内容でも質問もしてみましょう!
質問をすると、先生によって受け答えが違います。そこでその先生の力量が分かったりします。
めんどくさがり、患者さんをお金としか見ていない先生だと、ちゃんと答えてくれません。
きちんと最後まで答えてくれる先生を見つけることが大事なのです。
同じ治療でも、先生により仕上がりは全く異なります。
先生選びが本当に大事。でも、めちゃくちゃ難しいです。
カウンセリング時にしっかり対応してくれる先生は、治療も丁寧です!

5、料金や、保障について聞く

これは先生よりも、スタッフに聞いた方が確実かもしれません!
料金や保証は、変動することが多く、先生がきちんと把握してないかもしれないからです。
追加料金はかからないのか、アフターケアや保証制度はあるのか、
手術って、完全、100%安全って言い切れないんです。
万が一の事も考えて治療をするのが、安心です!!
ホームページと料金が違うって事がよくあります。
変なオプションとかつけられてないか、確認しましょう。
美容外科って、保険がきかないので、クリニックによって料金が全然違うんですよね。
安かろう、悪かろうって思いますが、高くてもいいとは限りません。



次はこちら→

美容外科のカウンセリングについて②

カウンセリング
12 /07 2017
2、カウンセリング前にある程度の知識はつけておく

インターネットでなんでも分かる時代ですが、ネットは嘘の情報もたくさんあふれているのが事実です。
深く調べる必要はないですが、自分が受けたい治療はどんな治療なのか、簡単に調べておくと、カウンセリング時に質問もしやすいと思います。なんの知識もなく、「先生におまかせしま~す」なんて場合はごっそりお金を持っていかれてしまうかもしれませんよ。
質問をノートなどに書いて持参してもいいと思います!緊張して、聞くことを忘れちゃった!という事も考えられます。
手術動画とかは見なくていいと思います。
私が見ても、怖い。。。実際治療を受けている方は、なにが起こっているかわかりません。わからないんで、いいんです。
綺麗になるために一歩進むことが大事だと思います。

3、カウンセリングは先生?スタッフ?

忙しいクリニックだと、先生ではなく、ただのスタッフがカウンセリングに入ることがあります。
埋没法とか、脱毛とか、頻繁にある治療は、スタッフが入る確率か高いです。
スタッフって、だたの素人ですよ。治療の説明はできるかもしれませんが、その人に合ったカウンセリングはできません。
はっきり言って、適当なことを言われて時間の無駄です。
カウンセリングに行く前に、だれがカウンセリングをしてくれるのか、確認しておきましょう。


4番目はこちら→

美容外科のカウンセリングについて

カウンセリング
12 /07 2017
みなさん、こんにちは( *´艸`)
美容外科で働くアラサーOL、美香です。

今日は美容外科ではおなじみ、「無料カウンセリング」について書きたいと思います。
「まずは無料カウンセリングにお越しください!」
タダより安いものはないといいますが、
「無料カウンセリング」もは絶対に行った方がいいと思います

ホームページだけでよい病院や、医師を探すのは、まず無理です
感じ悪い医師も、ホームページ上ではキラキラ笑顔。

実際に会ってお話するのが一番です。

カウンセリングに行く前に、
ポイントをおさえておけば、ある程度、信頼できる病院かわかります!

カウンセリングを受ける時のポイントとは?

1、メール予約より、電話予約


まず、カウンセリングを申し込むのには予約が必要ですよね。
メール予約も、とっても便利ですが、初めてのクリニックの場合は、電話予約がおすすめです。
メール予約だと、どの患者さんにもコピー&ペースト
心よりお待ちしております!って文のオンパレード。
名前だけ変えて、みんなに送ってます。

その点電話予約は1対1の会話のやり取り。
電話に出るのは、受付スタッフかコールセンターのお姉さんだと思いますが、
このお姉さん達の対応が実は重要です。
働いているスタッフの対応は、院長や上司の考え方によって変わります。
患者さんにも態度のでかい医者だと、働いているスタッフの態度もでかいです。
きちっと教育されているかもわかるので、対応のよいクリニックを選んだ方が、万が一の時にもすぐに対応してくれると思います。


2番目はこちら→

お名前.com

biyou0414

20代から美容外科で働き、早10年。30代になったワーキングママ、美香の日々の出来事、美容整形の裏事情、老化と戦うスキンケア、アンチエイジングメイクなど、ゆる~く綴る日記です。二重埋没法、目頭切開、シワたるみ除去のヒアルロン酸注射、ボトックス注射、フェイスリフト、レーザー、脂肪吸引や、脂肪溶解注射、ワキガ治療、シミ取り、医療レーザー脱毛などなど、これから美容整形を考えている方の疑問にもお答え出来ればと思います。宜しくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.kizi h3 { font-size: 20px; margin-bottom: 30px; margin-top: 10px; padding-top: 15px; padding-right: 10px; padding-bottom: 15px; padding-left: 60px; color: #000000; line-height: 30px; background-image: url(images/cah3-bk.png); background-repeat: no-repeat; background-position: left center; margin-left: 0px; border-bottom-width: 1px; border-bottom-style: dotted; border-bottom-color: #999999; }