FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒアルロン酸っていっても、種類があるんです。

ヒアルロン酸
12 /07 2017
みなさん、こんにちは(*^^*)
美容外科で働くアラサーちゃん、美香です。

今回は、
今や多くの方がご存じの「ヒアルロン酸」について書きたいなと思います。
ヒアルロン酸って種類があるの知ってましたか?
やっすいのから、たっかいのまであります。

ヒアルロン酸って、ちょっと食品と似てます。
中国製、韓国製のものって安いんです。

なんで安いんか?

食品でいろいろニュースありましたよね、偽造問題とか、商品の衛生問題とか、、、

みなさん、察しがつきましたね。

「ヒアルロン酸」についてちょっと書きたいと思います。


1、そもそもヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、化粧品やスキンケアに含まれていたり、関節が痛いときに使用したり、いろいろな用途で親しまれている、天然保湿成分です。体内で生成される成分で、目や関節に多く含まれています。高い保水力があるので、肌にうるおいを保つサポートをしてくれるんです。
ヒアルロン酸の保湿力はなんと、1gで最大6リットルもの水を保つことができるといわれています。
美容外科では、ほうれい線、頬のくぼみ、お顔のシワ、眉間のシワ、ゴルゴラインなど、若返り治療に多く使用されます。


2、ヒアルロン酸の種類って?

美容外科ではお馴染みの「ヒアルロン酸注射」ですが実は種類がある事はご存知でしょうか。
様々な国で作られたヒアルロン酸が多くあります。
昔はコラーゲン注射が主流だったみたいですね。
そのうちヒアルロン酸が、開発されて、なーーーーーんと、日本の厚生労働省で承認を得たヒアルロン酸が2014年3月に登場しました。

厚生労働省認可って、まさに、何か問題が起きたら、国が責任を取りますよって事ですよね。
日本って国が責任を取りたがらないのに、認可を受けている製剤って、めっちゃ価値ありです。

人が行う行為(治療)で100%のものはないですからね。

厚生労働省認可のヒアルロン酸とは→





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

biyou0414

20代から美容外科で働き、早10年。30代になったワーキングママ、美香の日々の出来事、美容整形の裏事情、老化と戦うスキンケア、アンチエイジングメイクなど、ゆる~く綴る日記です。二重埋没法、目頭切開、シワたるみ除去のヒアルロン酸注射、ボトックス注射、フェイスリフト、レーザー、脂肪吸引や、脂肪溶解注射、ワキガ治療、シミ取り、医療レーザー脱毛などなど、これから美容整形を考えている方の疑問にもお答え出来ればと思います。宜しくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.kizi h3 { font-size: 20px; margin-bottom: 30px; margin-top: 10px; padding-top: 15px; padding-right: 10px; padding-bottom: 15px; padding-left: 60px; color: #000000; line-height: 30px; background-image: url(images/cah3-bk.png); background-repeat: no-repeat; background-position: left center; margin-left: 0px; border-bottom-width: 1px; border-bottom-style: dotted; border-bottom-color: #999999; }